ブログ

Facebook中毒って?

Facebook中毒、そんな言葉が目に入ってきた。記事もあったがそこはサラサラと読み流して、自分のことについて書いてみる

何年か前、私はFacebookをはじめとして、一切のSNSから意図的に1年間くらい離れていた。SNSから離れてわかったことは、自分はSNSにコントロールされる状況を作っていたということだった。気がつかないうちにそうなっているので、これは怖いと思った。

以下がその症状と思われる。

  • 人と会っている、さらに久しぶりに会った人を目の前にしていたとしても、Facebookを開いて「いいね!」を押す作業を繰り返す。
  • 友達が増えれば増えるほど、全ての友達の投稿を見れるわけもないのに、「いいね!」を押してくれない人がいるなぁと思う。
  • 「いいね!」をした人は自分の投稿を最後までちゃんと読んで理解してくれていると思い込む。
  • 投稿内容が私の生活パターンの全てかのように思われていて、それにいちいち反応する。
  • しばらくFacebookを見ていないと、仲間から外れたような孤立感を微妙に感じている。
  • 要するに暇さえあえばFacebookを見ることで、コミュニケーションを取っているような気がしている。

コンピュータソフトウエアを扱う仕事柄、最先端を使いこなしているとの勘違いから客観視が難しかったと反省している。
それでも、Facebookにコントロールされないように気をつけながら、使えるものは使おうと思い、消そうと思っても消せきれなかったアカウントと投稿内容を引きずってFacbeookを再開した。

  • Facebook側がタイムラインの調整をしているので、Facebook上でのお付き合いが限られてくる。
  • Facebook側が使い方を誘導してくるので、それに乗っていれば楽に使えていると勘違いしてくる。

もっと色々思ったことがあったが、忘れたなぁ…。
それらを逆手に取った使い方があるだろうと思う。

誰とどんなお付き合いをしたいか?
自分をどんな人だと思ってもらいたいか?
そもそも自分主導でFacebookを使っているのか?

そんな視点を忘れないようにしようと思いつつ、つい、のまれてしまう時があるのは否めない。

誰も答えや正否は教えてくれない。そもそも答えや正否などない。

習慣は、新しい習慣をつけることでしか変えることはできない。

最近はFacebookを無駄に見る時間が増えてきてしまったので、これを機にまた調整しようかな。

関連記事

  1. トリアージ表(名刺サイズ)を作りました
  2. サイトを新しくして心機一転しよう
  3. PowerPointの講座資料作成代行

最近の記事

PAGE TOP